Hatena::Grouptuv

別館TUV このページをアンテナに追加 RSSフィード

このBLOGでは、管理人が注目しているムーブメントとしての
「つくばユナイテッドVOLLEYBALL」
およびその周辺で注目したいことを淡々とピックアップしておりました。

こちらの更新を停止し、移転しております。移転先はhttp://d.hatena.ne.jp/TsukubaUnitedSunGAIA/

本家は/ja あやつる YmrDhalmelでげす。

2006-01-21首の皮0.1枚

dhalmel20060121

初陣

| 17:25 | 初陣 - 別館TUV を含むブックマーク はてなブックマーク - 初陣 - 別館TUV 初陣 - 別館TUV のブックマークコメント

池尻クラブ体育館へ行ってきた。「入口」の扉を開けるといきなり選手とコンニチワしてしまうようなコンパクトなつくり(外観はけっこう立派なのだが)。玄関を入って体育館へ行くまでは土足可。スリッパは潤沢にあるので、必要なのはむしろスリッパよりも下足袋かもしれない。

第1試合がストレートで終了(東京トヨペットが勝った)し、いよいよ真新しいTUV旗とともにSun GAIAの登場と相成った。どういうわけかプログラムに掲載されている選手の写真は解像度が低く、秘密兵器感満々(?)なのだが(しかも、188cm 1kgとか誤植されとるし>●山選手)、ユニフォームは相変わらずかなりカコヨイ。

今日のベンチ。

監督都澤凡夫

マネ:木曽雄介

トレ:綾田 練

1.増村雅尚主将

2.菊池孝一

3.大久保元晴

4.小川将司

5.石川 健

6.志賀 崇

8.三上圭治郎

11.鈴木悠二

12.浦田哲平

13.赤木貴雅

14.大野史成

18.外川広興

スタメン

TUV)増村、菊池、小川石川、三上、浦田、L赤木

富士通金子、今、勝田、平澤、豊田松本、L中村

富士通もかなりチームが若く、両チームトータルの平均年齢で25歳を切りそうな勢い(見ていなかった時期があるので当方にはよくわからないが、大学名を見るとピンとくる方はあるかもしれない)。あ、平澤(中央)、松本明治)それぞれ内定選手ですの~

つくばユナイテッドSun GAIA PRO 3(21-25、23-25、27-25、25-22、15-13)2 富士通

第1セットは終始富士通ペース。一時期10点差をつけられるほどであった。どうも流れに乗れず、細かいミスが続いた。アリーナしかない構造の体育館でどうもアップゾーンとベンチ外の応援が同化しがちであり、そのたびに審判や運営側に注意を受けていた。着ている服の区別がつかないのが問題なのかどうなのか…。

セッターを浦田→大久保スイッチしたりもしたが、最後4点差まで詰めるのが精一杯だった。

第2セットは、2回のテクニカルタイムアウトをいずれもTUVリードで迎えた。中盤で小川選手に代わって登場した鈴木選手が好サーブで波に乗せたりもしたが、17-12から差を詰められ、一気に逆転されてしまった。

あとがない第3セット、出足こそ走ったものの、テクニカルタイムアウト前に追いつかれ、以後一進一退の展開。途中、浦田→大久保小川鈴木メンバーを変え、その布陣で戦った。ジュースにまでもつれこんだが、最終的に三上選手のサーブが低い弾道を描いて相手コートに突き刺さり、なんとか1セットを返した。レシーバーで出た大野選手がいい動きをしていた(出そうだ、というところから、なかなか出るタイミングが来なかったが…)。

第4セットは割とTUVペース。ブロックサーブが決まりだしてきた。中盤には外川選手も登場。後半ややもたついたが25-22でセットカウントタイに持ち込んだ。

ファイナルセットは一進一退。ひとつのミスでも流れが変わるのでおそろしい。いちどビハインドの流れになりそうになったものの、なんとか盛り返し、TUVにとってはじめての試合、激戦をやっとのことで制して白星スタートを切ることが出来た。

見る側にとっても胃が痛いなんてもんではなかった試合だが、選手の思いはかなりのものであったとみえ、試合終了直後、感極まったのだろうか、増村主将の目に涙…が印象的であった。

つーわけで寒いから終わったらすぐ帰ってきた。写真の「Sun GAIAロゴのウェア(昨日のTsuku-通によると「ウエイトコントロールシャツ」。裏面がアルミだそうだ)暖かそうだしかっこよい。来週買うつもりではいるが…今日欲しいくらいの寒さだった、結局。

#風邪治らんかもしらんから明日の出否は実は未定だったりする。まぁ平気そうだ。昼までゆっくりしておこう。第3試合だし。

無料アクセスカウンターofuda.cc「全世界カウント計画」 since Feb.22,2006