Hatena::Grouptuv

別館TUV このページをアンテナに追加 RSSフィード

このBLOGでは、管理人が注目しているムーブメントとしての
「つくばユナイテッドVOLLEYBALL」
およびその周辺で注目したいことを淡々とピックアップしておりました。

こちらの更新を停止し、移転しております。移転先はhttp://d.hatena.ne.jp/TsukubaUnitedSunGAIA/

本家は/ja あやつる YmrDhalmelでげす。

2007-03-25チャレンジリーグ4位にて終了。

Vチャレンジリーグ男子(最終戦)つくばユナイテッドSun GAIA0-3東京ヴェルディ

| 21:38 | Vチャレンジリーグ男子(最終戦)つくばユナイテッドSun GAIA0-3東京ヴェルディ - 別館TUV を含むブックマーク はてなブックマーク - Vチャレンジリーグ男子(最終戦)つくばユナイテッドSun GAIA0-3東京ヴェルディ - 別館TUV Vチャレンジリーグ男子(最終戦)つくばユナイテッドSun GAIA0-3東京ヴェルディ - 別館TUV のブックマークコメント

第1試合終了から1時間以上のインターバルがあり、13:20試合開始。

試合前の選手紹介で、「今日、引退します」とアナウンスのあった大野選手、4月からは教壇に…ということのようであるが、ほかの選手についても…着々と春=つぎのシーズンを見据えた動きはあるわけで。

それはそれとして、TUVチャレンジマッチ出場に向けては後のない局面。これまた今日が最後であるというサガッツリードする「新潟へ行こう♪」の応援歌が響く。

第1セット T17-25V

TUV)西田丸山阿部→三上→菊池→大久保(L赤木

VER)ルナ→小松中田飯塚→溝口→奥田(L辻)

どうもTUVは固くなっているのか、序盤からミスが目立った。徐々に差を開かれる。

5-11のところで阿部選手に代わり増村選手を投入し、攻撃の流れを変えようとした。TUV連続得点は12→14点のところの3点のみ(この日先発の大久保選手の代わりに入った浦田選手サーブのところでやや流れがきた。浦田選手はそのままこのセット最後まで)、流れを向けることができぬままセットを終えることになってしまった。

第2セット T26-28V

TUV)丸山阿部→三上→菊池→浦田→増村(L赤木

VER)ルナ→小松中田飯塚→溝口→奥田(L辻)

ジュースに持ち込んだこのセットだったが、中盤までは前のセットと同様完璧なるヴェルディペース、一時期は10-18と8点のビハインドとなった。途中セッター大久保選手に戻したり、阿部選手を西田選手にスイッチして攻撃的なシフトに切り替えたり、といろいろと仕掛けられていた。

形勢がこちらに向いてきたのは20点を過ぎてから。16-21から三上選手のスパイクブロックなどで4連続得点、この時点で1点差に詰め寄ると、その後もう一度4連続得点、一時期25-24とセットポイントを奪った。

前半の劣勢を思うと、このセットが取れればその後につながる…と気合いが入ったのだが、最後はミスが続いて、惜しくもセットを取るには至らなかった。

第3セット T23-25V

TUV)増村→丸山西田→三上→石川大久保(L赤木

VER)ルナ→小松中田飯塚→溝口→奥田(L辻)

実は「ホームつくばの陣」でTUVセット最初の点を取ったのはこのセットのみである。3点差以内で食らいついていったのだが力及ばなかった。

早い段階で西田選手に代わって出場した小川選手が気を吐いた。

第1期に幕→次の展開を考えなきゃ

| 21:58 | 第1期に幕→次の展開を考えなきゃ - 別館TUV を含むブックマーク はてなブックマーク - 第1期に幕→次の展開を考えなきゃ - 別館TUV 第1期に幕→次の展開を考えなきゃ - 別館TUV のブックマークコメント

きょうの試合の終了に伴い、一昨年夏から続いていたチームの「立ち上げ」時期としてのSun GAIA PROには一区切りつけて考える必要がある。

PROとしてこのクラブ専属で活動する選手+学生(所謂三上世代メイン)によるチームで短期的に(場合によっては試合をこなしつつ)仕上げていく、というスタイルには限界が見えてきており、しかもこの試合の終了に伴い、新しいチームや社会へ巣立つ選手がいる。また、今後、現役世代に関してはリーグを戦うのが精一杯という状況が続くであろうから、過度な期待は禁物であろう。

阿部選手や西田選手、そして筑波の現4年からチームに残る石川選手や赤木選手など、チームとしてコアなメンバーは増えた。そのうえで、これから腰を据えてチャレンジリーグを制し、プレミアリーグに挑戦できる力をつけていく必要性はある。クラブとしての今の体力を弱まらせない範疇で。

実はいけいけどんどんでよかったこれまで以上に難しい課題になりそうだが、課題はでかいほうが燃える…んだよなぁ。

閲覧者閲覧者2007/03/25 22:59今までやってたプロの選手が全員残るとも限らないし、プレミアに上がらなければスポンサーも離れていってしまう。
来シーズン存続可能なのかふと考えてしまう。

dhalmeldhalmel2007/03/26 21:53どんなコメントを書こうか少々悩みました。
ただ、何にせよ大事なのは「これから」どう進むか、なのだと考えました。
これからもじっくりと向き合います。そうする以外にないでしょう。

トラックバック - http://tuv.g.hatena.ne.jp/dhalmel/20070325
無料アクセスカウンターofuda.cc「全世界カウント計画」 since Feb.22,2006